浮気調査が終わったら、弁護士さんや、夫婦カウンセラーを依頼しましょう。

浮気調査が終わったら、ご主人や、奥様、浮気相手に慰謝料を請求したい。

相手に慰謝料を求める時期がいつかというのは、不倫の
動かぬ証拠を発見した時であるとか離婚が決定したとき
限定ということではないんです。実例では、了解してい
た慰謝料を離婚してから支払いを渋るという場合がある
ようです。
法律に反する場合の損害賠償であれば、時効は3年間経
過すると成立すると民法という法律に定められています
。不倫に気付いて、素早く信頼できる弁護士に相談する
ことで、時効で請求できなくなるトラブルとは無縁にな
るのです。
最初に妻が夫がバレないようにしている浮気の証拠をつ
かんだきっかけの約80%が携帯電話です。ずっと使っ
ていなかったキーロックをどんな時でもするようになっ
た等、女性ってケータイでもスマホでも微妙な変容に敏
感に反応するものなのです。
依頼する探偵だったら、どこでも大丈夫なんてことは決
してございません。トラブルの多い不倫調査がうまくい
くかどうかは、「ちゃんとした探偵に頼むかどうかによ
って決まったも同然」なんて言っても間違いじゃないと
思います。
少しだけですが、詳細な料金の仕組みを確認することが
できる探偵社もあります。だけどまだ調査料金について
となると、具体的に確認できるようになっていない探偵
事務所も相当存在しています。

法的な組織や機関は、ハッキリとした証拠や第三者から
得た証言なりがないと、浮気の事実はないものとされま
す。離婚調停や裁判による離婚はそれなりに面倒なもの
で、離婚しなければならない相当の理由の提示がないと
、認めることはないのです。
なんといっても不倫や浮気調査をするときというのは、
障害が多い状況での証拠の写真や動画の撮影がいくらで
もあるので、探偵社や調査員が変われば、尾行・追跡の
技術及び撮影用の機材は全然違いますから、十分下調べ
をしておいてください。
本気で浮気・不倫・素行調査を申し込みたいなんてタイ
ミングだったら、探偵などを利用するための費用をすご
く知りたいと思っています。安くて出来がいいサービス
のほうがいいなんてことが頭に浮かぶのは、どのような
人でも変わりはありません。
夫や妻との生活の中で異性と会っていたことを疑うよう
な何かがあった場合、もちろん不倫の疑いを持つもので
す。そうなったら、孤独に考え込んじゃわずに、探偵に
きちんと不倫調査を頼んでその結果で判断するのがおス
スメです。
それぞれの原因などによってバラバラなので、細かな金
額を出せないのですが、配偶者の浮気、不倫のせいで離
婚したという事情なら、請求する慰謝料は、100万円
以上300万円以下程度がほとんどの場合の金額と言え
ます。

そもそも「まさか浮気してるんじゃないの?」と疑って
いたとしても、仕事をしながら一人で妻の浮気を確かめ
るのは、想像を超えて困難なので、離婚までに月日がか
かることになるのです。
いまだに探偵事務所や興信所に関しては料金システムと
いうのは、統一基準はないのが現状で、それぞれオリジ
ナルの仕組みや基準で細かな金額を出すのでますます難
しいものになっています。
相手に慰謝料を請求するということなら不可欠とされて
いる条件をパスしている状態でなければ、求めることが
できる慰謝料がほんのわずかな額になるケースや、ケー
スによっては浮気をした相手に1円も請求できないなど
のケースだって想定しなければいけないのです。
単に浮気調査を遂行して、「ゆるぎない浮気の証拠を入
手したら終了」ということではなくて、離婚に関する法
律相談であるとか解決のために必要な相談も引き受けて
くれる探偵社を選びましょう。
不倫・浮気調査などの調査を任せたいという方が、公式
な探偵社のホームページの表示で調査料金の額を確かめ
ようと考えても、ほんの一部の例外以外は全ての内容に
ついては掲載していません。

 

次のページへ