慰謝料を当てにした浮気調査はやってっはいけません。

慰謝料を当てにして浮気調査をしても、その慰謝料は本当にもらえるかどうか分りません。

プロ以外ができない、クオリティーの高い希望の証拠だ
って入手することが可能なので、ぜひ証拠をつかみたい
という場合は、探偵や興信所等のプロに頼んで浮気調査
をやってもらうのがオススメです。
自分の夫や妻のことで異性の気配があると、もちろん不
倫の疑いを持つものです。もし信じられなくなったら、
自分だけで抱え込んでしまうことなく、探偵にきちんと
不倫調査を依頼するのが一番ではないでしょうか。
基本的な費用が格安であることにとらわれず、必要ない
ものは見直して、最後にお金がどれくらいかについても
、浮気調査を行う場合、とても重要になるのです。
実際に探偵に依頼する内容は人それぞれなので、同一の
料金だと、取り扱いはまず不可能だと言えます。しかも
これとともに、探偵社独自で設定があるので、さらに確
認しづらい状況になっているわけです。
「パートナーである大切な妻を疑いたくない」「家族に
内緒で妻が浮気しているなんてことはきっと何かの間違
いだ」そう思ってらっしゃる場合が相当の割合を占めて
います。しかしながら事実に目を向けると、浮気をする
女性がじわじわと増えているのがわかります。

浮気も不倫も、それによって普通に生活している家族た
ちの家庭を完全に崩壊させ、正式に離婚となる場合も少
ないとは言えません。そしてその上、心的被害への賠償
である相当な額の慰謝料請求という面倒な問題まで生ま
れます。
パートナーは誰かと不倫関係かもなんて悩みがある方は
、不安解消のためのファーストステップは、探偵による
不倫調査で本当のことを確認することなのです。孤独に
辛い思いをしていても、悩みを解決するための手がかり
はあまり簡単には見つけられません。
最大限に間隔を空けずに請求した慰謝料等を受け取って
、請求者の気分に一つの節目をつけていただくというの
が、不倫トラブルの訴えを起こした側の弁護士の肝心な
役目だと言えます。
離婚するまでの状況などで違って当然なので、明言する
ことは不可能ですが、不倫を端緒として離婚という結果
になったケースの慰謝料については、最低100万円か
らで高くても300万円程度というのが典型的な額です

素行調査、これは対象者となった人物の行動などを一定
期間監視し続けることによって、生活状態を細かなとこ
ろまで確認することのためにされているものなのです。
驚くような事実が全部明らかになります。

婚約者から慰謝料が必要だと詰め寄られたとか、セクシ
ュアルハラスメントの被害にあっている、これだけじゃ
なく他にも多様な心配事に対応できます。あなただけで
抱え込むのはやめて、一度は弁護士に依頼していただく
ことが大切です。
ご主人や奥さんによる不貞行為、不倫についての証拠を
入手して、悩んだ末に「離婚する」ということを決めた
場合でも、「もう配偶者とは会いたくない。」「協議の
場にも行きたくない。」といって、協議をせずに離婚届
を勝手に出すというのはやめてください。
一般的に「妻の浮気で悩んでいる」という相談は、意識
しても恥ずかしさや自尊心があって、「相談するなんて
とんでもない」といった考えがよぎって、相談に行くの
をあきらめてそのままにしてしまうことも多いようです

一回でもバレてしまうと、そこから後っていうのは証拠
を見つけるのが大変になることが不倫調査の特徴。その
ため、能力に定評がある探偵を見つけ出すということが
、最重要ポイントに違いないのです。
お願いするほうがいいの?費用はいくらなの?調査にか
かる期間は何日?浮気・不倫調査の依頼をしたとしても
、うまくいかなかったらどうしたらいいんだろう。あれ
やこれや躊躇うのも自然なことなんです。

 

ホームへ戻る