ご主人の浮気から3年が経とうとしている場合

何年たっても浮気癖のある人は治りません。3年経過しても治療不可能

HPなどの調査費用が考えられないくらい格安のところ
には、やっぱり低価格の訳があるんです。お任せする探
偵事務所に必要な調査技術とか撮影機材などが完全に不
足しているなどという可能性もあるのです。探偵事務所
を決めるときにはじっくりと行ってください。
浮気や不倫のことは黙っておいて、思いがけないタイミ
ングで離婚の話し合いを始められた。こういう場合は、
浮気のことがバレてしまった後で離婚が成立すると、相
手に慰謝料を用意する必要が出てくるので、隠し通そう
としているわけなのです。
探偵が頼まれる仕事というのは全然違うので、同じ料金
ですと、対応は無理だという理由です。また、探偵社ご
とで違うので、またまた理解しづらくなっております。

結婚準備中の素行調査の申込についても多く、お見合い
相手や婚約者の普段の生活ということを確かめるなんて
のも、この頃は多いのです。調査料金は1日分が7万か
ら14万円が妥当なところでしょう。
事実から3年経過している不倫や浮気に関する証拠が見
つかっても、離婚したいあるいは婚約解消したいという
ときの調停をお願いしたり裁判を起こした際には、有効
な証拠という意味では認められることはないんです。現
在の証拠でなければいけないんです。忘れないで。

現在、夫や妻の素振りや言動で「まさか浮気?」と悩ん
でいるのなら、急いで浮気している証拠になりうるもの
を手に入れて、「本当に浮気しているのかどうか!?」
明確にするべきです。あれこれ一人で考えていたんじゃ
、物事を進めることは絶対に無理です。
浮気調査を探偵に依頼した場合、それなりの金額が発生
しますが、調査をプロの探偵に任せられるので、期待以
上に出来のいい入手したかった証拠が、怪しまれずに収
集できるわけですから、信頼して任せられるのです。
出来れば浮気調査をやり、「ゆるぎない浮気の証拠を集
め終えたら終了」とはせずに、離婚に関する裁判だとか
解決するための助言をしてくれる探偵社を選びましょう

実際に浮気調査について迷っているということなら、料
金のみで選ぶことなく、調査するチカラも検討するのが
重要です。調査力の水準が低い探偵社に調査依頼したと
ころで、支払った費用は完全にムダ金になるのです。
仮に配偶者が起こした不倫問題を突き止めて、「離婚」
と自分で決意した場合でも、「配偶者の顔も見たくない
。」「話し合いも協議もしたくないから。」といって、
話し合いの場を持たずに正式な離婚届を提出してはダメ
なんです。

浮気問題を妻が起こした場合については夫の浮気と違い
が大きく、夫が感づいた時点で、もはや夫婦としての関
わりは元のように戻すことは不可能なことが大部分で、
復縁ではなく離婚に行き着くことになってしまうカップ
ルが極めて多いのです。
とにかく不倫調査が必要なら、調査能力の高い探偵事務
所で申し込むのがベストです。たっぷりと慰謝料を払わ
せたい人や復縁は考えず離婚を進めたい場合なら、有利
な証拠が肝心なので、なおさらだと言えます。
もし妻が起こした不倫問題が引き金になった離婚だとし
ても、夫婦で持つことができた動産、不動産などの財産
の二分の一は妻の財産です。そういった理由で、離婚の
きっかけになった不倫をした側には財産が全く配分され
ないなんてことはありません。
浮気されている本人の浮気調査に関しては、調査に必要
になる費用を低く抑えることが可能だけど、総合的な調
査の品質が低水準なので、すごくばれてしまうという恐
れがあるのです。
「基本料金」と書かれているのは、どんな場合でも必要
な金額を指していて、この基本料金に追加されて合計費
用になるのです。素行調査を依頼した対象者の住居の種
類、職種とか普段の移動方法で全然違ってくるので、調
査料金も開きが出るのです。

 

次のページへ